しっかりした食生活で忙しい年末年始を乗り切る

12月に入っていよいよ今年もあと少しとなってしまいました。

 

忘年会シーズン、普段とはまた違ったリズムでよりいっそう体調に気を使わないといけない時期ですよね。

 

インフルエンザやノロなど感染症も増えるし、仕事は忙しく食事も不規則になりがち。

 

クリスマスやお正月などの楽しいイベントがあるとは言え、この普段とは全く違った空気の流れが実は私は大嫌いなのです。

 

そう、私の一番苦手な時期。

 

主婦で飲み会なんかにはほとんど縁がない私でも崩されてしまうのがこの年末年始。

 

私は普段の生活リズムが否応なしに崩されるこの時期が嫌いなんです。

 

でも仕方ありませんねぇ。

 

できるだだけ普段と同じペースを守るためにもとにかく身体の調子を整えないといけませんし、家族の健康管理にも最大限の注意を払わないといけません。

 

そのためにもまずは食事。

 

クリスマスや大晦日のイベント以外はできるだけ栄養のバランスに気を付けた質の高い食事(値段は高くないですが)を提供しないといけません。

 

油もしかり。

 

忘年会などの飲み会が連続で続き、夫はどうせ揚げ物三昧でしょうから朝食や休日の食事で軌道修正しないといけませんね。

 

そして子供も。

 

インフルエンザは既にかかってしまいましたが、まだBもあります。

(11月にAにかかりました。)

 

手洗いなどの衛生状態もさることながら、やっぱり一番は免疫力だと思う。

 

やっぱりエキストラバージンオリーブオイルが活躍しそうな予感。

オリーブのポリフェノール「オレウロペイン」はインフルエンザに効くのか?

 

気休め程度とはいえ、良さそうなものはやってみるってのもアリかもしれません。

 

この際、オリーブのお茶の方を試してみようかな・・・。

 

とにかく食生活は基本中の基本。

 

ついジャンクなものに流れがちな子供の好みをだましだまし質の良いものへと向けさせていかないといけません。

 

冬休みに入ったら子供にも手伝って一緒に食事を作りたいと思います。

 

好き嫌いが多い子供にバランスの良い食事を食べてもらうには「自分で作らせる」こと。

 

これ、意外と効果あります。

 

自分で作れば嫌いな食材も食べる気になるんですよ。

 

幼稚園のころからそうでした。

 

幸い料理を作ること自体は嫌いではないようなので、買い物から連れていって食材を一緒に選び、健康に良いものを作って一緒に食べようと思います。

 

ついでに今から油のことも少しずつ教え込んでいった方がいいでしょう。

 

どういった油がいいのか、市販の食品にはどういった油が使われているのか。

 

こういうことって小さいころから少しずつ教えていくと潜在意識にすりこまれて大人になった時きっと役に立つと思うのですよね。

 

とにかく健康な身体が何よりの宝。

 

年末年始の忙しさに振り回されないようにしていきたいです。