フレッシュなのにコクがある~トマトとガーリックオリーブオイルのソース

魚料理にも合うフレッシュなトマトソースが食べたいと思い、今回生のトマトを使ったソースを作ってみました。

 

トマトとガーリックオリーブオイルのソースのレシピ

 

我が家で作る「トマトとガーリックオリーブオイルで作ったソース」のレシピをご紹介します。

 

材料

 

・生のトマト・・・大1個(できれば完熟)

・玉ねぎ・・・半分

・ガーリックオリーブオイル・・・大さじ1杯

・塩・・・小さじ2分の1

・コショウ・・・適量

・砂糖・・・小さじ2分の1

・ケチャップ・・・大さじ1杯

・ドライバジル・・・適量

 

作り方

 

1.トマトは種を取って1cm程度の大きさにカット、玉ねぎも粗みじん切りにします。

 

2.フライパンを熱しガーリックオリーブオイルを入れて玉ねぎを炒め、その後トマトを入れて更に炒めます。

 

トマトと玉ねぎを炒める

 

3.玉ねぎがしんなりしてきたら塩、コショウ、砂糖、ケチャップを入れて少し煮詰めていきます。

 

4.料理にたっぷりかけてからドライバジルを振りかけて出来上がりです。

 

サバハンバーグのガーリックトマトソースかけ_1

 

トマトのフレッシュ感とガーリック風味のコクが美味しい

 

今回作った料理は以前紹介したことのあるサバ缶で作ったハンバーグ。
サバの水煮缶詰で絶品ハンバーグを作る

 

サバ缶ハンバーグの作り方は上記ページを参照してくださいね。

 

子供のお気に入りのメニューで月に一回くらい作るようになりました。

 

安上がりで味も良くおススメなのですが、一つだけ、かけるソースをいつも悩んでいました。

 

そのままですとあっさりし過ぎ、ケチャップだけですとちょっと子供っぽい。

 

そこで魚にも合うトマト系のソースを手作りしてみようと。

 

以前はアリーガ という加熱可能な亜麻仁油でハンバーグを焼きましたが、今回はソースもハンバーグもガーリックオリーブオイルを使って作りました。

 

ガーリックオリーブオイルでトマトと玉ねぎを炒める

↑ガーリックフレーバーのエキストラバージンオイル

 

もちろんガーリックオリーブオイルがなければガーリックをオリーブオイルで炒めても大丈夫ですが、フレーバータイプは手間を省けるので最近のお気に入りです。

 

サバの臭みもガーリック風味ですとかなり消えます。

しかもコクがプラスされ相性もいいです!

 

水煮缶ですので味付けは本来あっさりしているので、トマトソースの風味と変に競合することもありません。

 

今回作ったトマトソースは生のトマトを使っていますので、とてもフレッシュ感が出ています。

 

トマトのリコピンは加熱して油と一緒にとった方が吸収率がアップすると言われているので、こういった摂り方をするのも一石二鳥かと。

 

いつもは生で食べることが多いトマトですが、加熱調理に使うと程よく水分が飛んで味も濃厚になりとても美味しいですよ。