うなぎはオメガ3が豊富な栄養食だからこそ品質の確かなものを

うなぎといえば栄養満点な魚として有名ですよね。

 

日本では古代から食べられていたうなぎ。

私はひつまぶしが好きですw

 

うなぎは味もさることながらDHAやEPAといったオメガ3がとても豊富です。

 

うなぎは栄養の宝庫

 

うなぎと言えば一番最初に思い浮かぶのはビタミンAではないでしょうか?

 

ビタミンAは目に良いとされており目の健康を維持したい人にとっては特に摂りたいビタミンですよね。(脂溶性なので摂りすぎには注意)

 

うなぎの蒲焼

 

この他にもビタミンB、D、Eといったビタミン類、亜鉛や鉄などのミネラル類も豊富で栄養の宝庫と言ってもいいかもしれません。

 

夏バテはもちろん、病人の体力回復やあまり量を食べられないご年配の方の栄養食としてうなぎはとても良い食材です。

 

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは夏の売上を伸ばすための宣伝がうまくいったためという説が有力ですが、うなぎの栄養や疲労回復効果を考えれば理にかなっていますよね。

 

うなぎのオメガ3の含有量を見てみよう

 

うなぎはDHAやEPAと言ったオメガ3が豊富な魚で、おおよそ以下の含有量になります。

 

・DHA・・・1100mg

・EPA・・・580mg

・DPA・・・450mg

・α-リノレン酸・・・59mg

※日本食品標準成分表/可食部100g中(養殖 生)

 

美味しいうなぎでこれだけのオメガ3が摂れるとなればたくさん食べたくなりますね。

 

ちなみにビタミンAと合わせてオメガ3も目の健康にはとても重要な栄養素です。

目のトラブルに悩んでいる人はうなぎを食べてみてはいかがですか?

 

うなぎはほぼ養殖だが危険はある?

 

今現在、出回っているうなぎはほぼ養殖になります。

 

天然のうなぎもあるにはあるのですが、少なすぎて市場に出回ることはほとんどないようです。

 

↑希少な大阪淀川の天然特大うなぎ

 

また養殖ものに慣れていると天然だからと言って必ずしも口に合うとも限りません。

 

一般的に養殖は身が柔らかくて天然ものは筋肉質だったりするようです。

(私もやっぱり柔らかいふっくらした身をイメージしてしまいます。)

 

またうなぎと言えば価格が「高い」ことで有名。

ただし土用の丑の日にスーパーで売られているうなぎは手がとどく値段ですよね。

 

おそらく価格が安いのはほぼ中国産(養殖)でしょう。

 

国産のうなぎと中国産のうなぎはそもそもうなぎの種類が違っていたり、また養殖方法の違いがあります。

 

そのため価格だけではなく大きさ・味・食感などにも違いがみられます。

 

でもなんといっても気になるのは安全性。

 

これは実際に養殖現場を見に行くこともできないため何とも言えませんが、いろいろと驚くような黒い噂がありますよね。

 

個人的な見解としては、国産であろうと外国産であろうと本来高いうなぎが安く提供されるということは「何かカラクリがある」って気がしてなりません。

 

高ければいいというわけではないけど、できるだけ詳細を調べることができる品質のしっかりしたものを選ぶことが大事ではないかと思います。

 

中には薬物残留検査を行っていたり証明書を公開しているものもあります。

 

もっとも年に一度、土用の丑の日にだけしか食べないというならあまり気にする必要はないかもしれません。

 

でももし豊富なオメガ3やビタミン・ミネラルを補給するために頻繁に購入しようと思っているのならやっぱりできるだけチェックをした方がいいと思います。

 

そうじゃないとせっかく栄養豊富なうなぎを食べても本末転倒になりかねません。

 

参考記事

サーモンの刺身でDHA・EPAをまるごと食べる