ヴィタメール「マカダミア・ショコラ(ダーク)」の油脂成分を見てみる

ヴィタメールの「マカダミア・ショコラ(ダーク)」をいただきました。

 

一足早いバレンタインのようですが、見るからに美味しそうです。

 

今回はこちらの油脂成分を見てみたいと思います。

 

さっそく油脂成分をチェック!

 

ヴィタメールの「マカダミア・ショコラ(ダーク)」の油脂成分を確認してみます。

 

ヴィタメールの「マカダッミア・ショコラの原材料

 

これは油脂成分がたっぷりのようです。

 

赤い下線の他にも当然ナッツ(マカダミアナッツやアーモンド)も油たっぷり。

 

ベースであるサブレ生地にチョコレートやナッツがコーティングされているお菓子ですから、ショートニングなども入っていますね。

 

ヴィタメールの「マカダミア・ショコラ(ダーク)」の栄養成分

 

1個あたりのカロリーが100kcal!?

 

そして脂質が7.3gですか・・・。

 

これはかなりの高カロリー・高脂肪なようです。

 

ヴィタメールの「マカダッミア・ショコラ_1

 

長さは大体7~8cmくらいなのですが、薄いですし大きい印象はありません。

 

これ1枚で100kcalもあるとは。

 

油脂成分のオンパレードとなればあまり食べたくはないような気がします。

 

 

あまりの美味しさに複雑な心境になる・・・

 

そう言いつつも一枚食べてみることにしました。

 

ヴィタメールの「マカダッミア・ショコラ_2

 

手に持って半分に割っている間にチョコレートが溶けてきてしまいました。

 

気を取り直して一口、すると・・・。

 

 

あまりにも美味しい!

 

 

サクっとした食感。

 

口の中でホロホロと崩れていきます。

 

そして溶けていくまろやかなチョコレートと対称的なサクサクとした食感のナッツ類。

 

全部が計算されつくした美味しさを感じます。

 

チョコレートはダークとなっていますが、ほろ苦さはほとんどありません。

 

このお菓子は「ミルク」もあるようなのですが、ダークでも結構甘さを感じましたから、もしかしたら「ミルク」はとても甘いのかもしれません。

 

それにしても、これはちょっと困りました。

 

このお菓子の油脂成分を見ると、こんなブログを公開している私は少なくてもあまり食べてはいけない人間であるのですが、これにはちょっと心を惑わされてしまいました。

 

私は油脂の多い洋菓子の中では普段あまりケーキは食べません。

 

あまり生クリームを好まないためなのですが、実は焼き菓子は大好物なのです。

 

今回のようなお菓子は「どストライク」であり、実際に口にしてしまうと油脂の問題を忘れてしまうようで困ってしまいます。

 

ここは私の意志の弱さですね・・・。

 

反省します。

 

取りあえず1枚でならず2枚食べてしまいました。

 

2枚で200kcalです・・・。