油たっぷりドレッシングをかけたサラダより酢漬けの野菜を食べる日々

最近我が家で凝っているのが野菜の酢漬け。

 

つまりピクルスってことでいいんでしょうか?

 

実際のピクルスの定義ってはっきりわかりませんが単に酢漬けでいいのならまさしくピクルスですはい。

 

きっかけはずいぶん前に購入したすし酢を放置しておくのもなあ・・・と思い、余った野菜を漬け込んだことでした。

 

2日ほど経って食べてみたのですが案外というかかなり美味しい。

(漬け込む期間はお好みで調整)

 

家族にも好評だったので、その後もいろいろな野菜をお酢に漬け込んでちょくちょく食卓にあげるようになったというところ。

 

使うお酢は別にすし酢じゃなくてもOK。

 

ただすし酢があまっていたから使っただけですので、その後はリンゴ酢に自分なりに調味料をプラスしたりして適当に楽しんでいます。

 

ただしちょっと甘みがないと我が家では無理っぽいし、すし酢はちょうどいい感じの味にしあがるので結構ありがたいです。

(添加物などに気を付ける方は自分で作ることをおすすめしますが。)

 

あまり酸っぱいものを好む家族ではないのであまり漬け込みすぎないようにしています。

 

こんなピクルスもどき!?を作るようになって少しだけ良い変化があったとすれば、いままで使ってきたドレッシングの量が減ったこと。

 

うちはサラダを割と食べる家でしてどうしてもドレッシングやマヨネーズなんかを使ってしまうんですね。

 

でもそれらの油の量ってかなり多いもの。

 

なるべく手作りをして油の種類や質に気をつけてきましたが、毎回必ず作るほど徹底はしていませんでした。

 

そんな中、生野菜サラダの代わりとなりうる野菜の酢漬けを食べるようになると、自ずとドレッシングを使う回数も減るというわけです。

 

同じ生(と言っていいのかな)の野菜ですし、さっぱり感は半端ないし、食欲のない時も食べられるし不思議にパンにもご飯にも合います。

 

ちょっと油ものやこってりした料理を作った時の付け合わせとして最高です。

 

おすすめは、きゅうり、かぶ、パプリカ、ニンジン、セロリあたりなんですが、他の種類の野菜も割となんでもいけそうな気が。

 

きゅうりとパプリカの酢漬け

 

私の中では日本式のオーソドックスな漬物って別格というか、野菜サラダと同列には扱えないんですよね。

 

ほんのちょっと箸休めに食べるには最高だしないと寂しいものですが、あまりたくさん食べるとやっぱり塩分が気になります。

 

でも酢漬けって野菜サラダと同列というか、しかもあまり得意ではない野菜も結構食べることができる不思議。

 

例えば、セロリなんかは野菜サラダに入っていると「うっ!」ってなることが多いのですが、不思議と酢漬けにしちゃうとパクパクいけるのです。

 

まあこのあたりは各自お好みではありますが、野菜の酢漬け、もしドレッシングの量を減らしたいと思っている方がいたらぜひお試しください。

 

作るのもまったくもって簡単ですし色々な野菜を楽しめておすすめです。