子供が小さいうちから良い油を選ぶことが大切

母乳やミルクだけを飲んでいた赤ちゃんが離乳食を開始する時期はだいたい生後半年くらいからです。

 

そしていつしか時は過ぎ、3歳になるころにはほとんどの子供がある程度は何でも(好き嫌いは別にして)食べられるようになっていきます。

 

油料理もしかり。

から揚げやフライドポテトなどもパクパクと食べる子がたくさん。

 

そもそも脂質は赤ちゃんのころから必要な栄養素です。

 

母乳にもミルクにも含まれているし、特に「DHA」は脳の発達などに非常に重要なため積極的にとりたい脂肪酸です。

 

赤ちゃん・幼児の市販の離乳食やお菓子にも色々な脂質が入っています。

市販の離乳食・幼児食の油を調べてみる

 

そんな中、やっぱり小さいうちから油(の種類)を選んであげることは大切だなあとこのごろ切に思います。

 

「味覚」はよく3歳くらいで決まるなんて言われています。

 

小さいうちから味の濃いものや人工的なものにばかり親しんでいると、それが止められずにその後の食生活に多くの影響が出るそう。

 

つまり素材そのものの味を美味しいと思えなくなるんですよね。

 

離乳食を食べる

 

油に関してそれが当てはまるかどうかは分かりません。

でもやはり質の良い油を選ぶ必要性は味覚の面からも栄養の面からもあるでしょう。

 

「良い油を身体が覚える」ということがあるかもしれません。

 

とにかく小さい子供は自分で油を選ぶことができません。

ただ大人から与えられたものを食べるだけです。

 

小さいころから質の悪い油で作った揚げ物ばかりを食べるのは数十年後を見据えるとあまり良い選択とはいえないですよね。

 

できれば子供の将来の健康のためにも新鮮で質の良い油を選んでいきたい。

 

とは言え子供も幼稚園や小学校にあがるころには段々と食べ物においても親の手を離れていきます。

 

給食を食べるようになり友達とお菓子を食べるようになるため、もはや親の管理が行き届くのは生まれてからほんの数年のみ。

 

だからこそ本当に身体にとって必要な栄養素(油だけではなく他の栄養も含めて)をこの時期に与えてあげたいですよね。

 

どうせ子供はすぐに大きくなって(あまり身体によくないものでも)何でも食べるようになっちゃいますから。

 

私も、もう少しこういった情報や意識に目覚めるのが早かったら油にまで気を使った離乳食・幼児食を作ったでしょう。

 

油が気になり出した時は既に子供が小学生になっていました。

 

それでもまだまだ改善する価値はあると今現在かんばっているわけですが・・・。

 

もうかなりジャンクなものに影響されており本人もそういったものを好みます。

こうなってしまえば全てをいきなり禁止するのは逆効果な場合も。

 

何とか子供のストレスにならないように大人の知恵を駆使してどんどん改革を進めたいと思います。

 

今、赤ちゃんを育てている方やこれから産もうと思っている方、ぜひ油にもちょっぴりでも意識を持っておくことをおすすめします。

 

スタートが肝心です。